全国釣り情報
【通販をご利用の方→会員ログインをお願いします】
釣り方ガイド

一覧 PAGE.1

PAGE: 1
14件中 1〜14件まで表示
並び替え: 公開順▲
仕掛にタコテンヤをつなぎ、海に投げる。 ゆっくりの速さでテンヤを動かす。(カニが歩くイメージ) ポイントではとめるのも手です。
タコが乗ると重さが加わるので、大きくあおり、底に着かないスピードで巻き上げる。
乗った瞬間は非常に重く、根掛に近いです。
本流釣りの国内最大のターゲット、ピンクサーモン(カラフトマス)チャムサーモン(シロザケ)を日本でのサーモンフィッシング発祥の地、北海道忠類川での釣りを経験を元に紹介いたします。

サケ(シロザケ)、マス(カラフトマス)は重要な資源の為、河川での釣りは一切禁止になっていますが、有効利用調査という形で一部河川で釣りができます。調査ですから事前に申し込みが必要になります。許可証が無いと調査に参加できないので注意です。レギュレーションも年度により違いますので、漁協のHPで確認すると良いでしょう。忠類川サーモンフィッシングのHPhttp://www.salmon.jp/

カラフトマス55cm、シロザケ70cm位が平均的サイズ。

調査期間は年度により変更ありますが、概ね8月10日頃より10月ま前半はマスがメイン、後半はサケに変わります。ここ数年遡上数が減ってきているのが気がかりですが、雄大な景色の中で1匹でも上げれば満足の釣りです。
晩秋から冬、春先までが主な釣期です
一般的な根魚でしたらなんでもつれますし、底が取りやすく簡単な釣りです。
春のノッコミ、秋の落ち浜名湖の黒鯛は今切れ口を通る。
今切れ口のような流れの速いポイントで黒鯛を狙うためには特殊な釣方が必要となる。
ドボンコ釣りとはこの流れの中で流されないような重たいオモリを使う釣方である。
産卵期はマコガレイが冬の前半(10〜12月)、イシガレイが後半(1〜3月)です。
このころカレイは比較的浅い浜名湖に入ってきます。
砂浜の女王であるシロギスの釣り方です。

浜松周辺は砂浜が多く非常に好条件となっています
赤羽沖の浅いポイントでは一度ジグを底まで落とし、ハイピッチショートジャーク。

ハンドル5〜6回転で食わせのタイミングをつけるために一度とめる。

特に船長の指示棚はヒットの確立が高いです。

基本形ばかりではワンパターンになるので、アクションやジグカラーはローテーションしたほうが良いと思います。
(ただ巻き・ロングジャークを混ぜる)
また、その日のパターンがあり、これは日によって異なります。

多少投げて斜めに探ることも効果的です。(そんなときは船長が指示をくれます)

想定外の大物が来ることがありますので、ドラグ設定はあらかじめしておきましょう。
船長の指示棚のした5mからゆっくりと誘い上げ50cm巻上げ30秒待つ。
基本はこれの繰り返し。

連れた場合はその棚を憶えておき、その5mしたから誘いあげる。

食わなくなったらまた広く探る。

仕掛は切られやすいことと夜のつりはトラブルが多いので少し余分に持っていきましょう。

せっかくのチャンスタイムに仕掛がからむと釣果がのびません。なれない方は特に仕掛ごと交換したほうがらくだと思います。
あんまりがんばりすぎると船酔いします。
(この日は雨で私もかなり船酔いしました。)

太刀魚は顔に似合わず食い渋ることが多くあります。軟調子や過負荷にすることで食いやすくします。
最近は手持ちにして送り込む方もいらっしゃいます。

すべての舟釣りに言えますが仕掛けの長さと潮流でどの棚に餌があるか意識することが重要です。
船長の指示棚(海底)に仕掛けを落とし5mほど巻き上げる。(仕掛の長さを考慮する)
遠州灘は沼になっている場合があるので少し長めに巻き上げる必要があります。

海底は常に変化しています。
底はおかしいなと思ったら取り直すのが重要です。

あたりはある程度しっかり出ますので、あたったら落ち着いて回収。
このときに外れることが多いので取り込みは電動の中速程度が無難です。
竿が硬い場合は手持ちに切り替えます。

巻き上げ時間が長い釣りなので、1尾を丁寧に取り込みましょう。途中でばれると釣果が伸びません。

せっかくのチャンスタイムに仕掛がからむと釣果がのびません。なれない方は特に仕掛ごと交換したほうがらくだと思います。
アジで狙う船からのヒラメ釣り。

根がかりの多いポイントなので、最初の食い込みで合わせるほうが良いようです。
シンカーをつけたエギをポイントより先へ投入。
潮に乗せてポイント付近をゆっくり流すイメージです。

浜名湖は潮が早いので、潮流によってシンカーの重さを調整する必要があります。

潮流の時間帯とポイントがとても重要です。

流れの緩やかなポイントをネライ、仕掛を入れます。
(潮が早いと流されてしまうばかりか、まったく沈みません。)
オモリの重さでゆっくりと落としていき、底に着いたら30cmほど上下させ誘います。
(岩の隙間を一個づつ探るイメージです。)
当たりは糸をたるませていると読取りにくいですが、慣れると糸の微妙な動きでわかります。
あわせは軽くて大丈夫です。
砂浜の女王であるシロギスの釣り方です。
浜松周辺は砂浜が多く非常に好条件となっています。
釣果カレンダー
新規投稿
〒435-0046 静岡県浜松市東区丸塚町161-1
店舗営業時間 / 10:00〜20:00 水曜定休日
TEL / 053-464-4713 FAX / 053-464-4707
楽しい釣りをサポート!釣具のことならお任せください!静岡県浜松市で店舗販売もしています。
Copyright(c)2012 TOKAI FISHING. All Rights Reserved.